前を向いて歩こう。

お久しぶりです。立澤です。

震災後、初の更新となりましたが、前回の記事を見てみるとなんと日付が3/11でビックリしました。
記事は地震が起こる前に更新されたものですが、本当にその日以来ということになります。


皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。


被災された方はもちろんですが、家や家族が無事だった人も皆、3月11日以前とは色んな変化があったと思います。
危機管理や原発問題など、以前は知らなかったことを知り、考えもしなかったことを考えるようになったり、何かしら意識が変わったような気がします。
私は、改めて大事なものを教えられました。

そんな皆の意識の変化が社会をどんな風に動かしていくのか。
偉そうな事言っても何も感じ取れていませんが、いい流れに変わることを願います。

私の地元はまさに福島県のいわき市なので、切実に願っています。


そして、こんなにも大きな震災がありましたが、私たちゲッテンは変わらず活動していきます!
寧ろ、こんな時だからこそ心を動かす映画を作りたいと思います!


震災後しばらくしてから、メンバーの無事を確認し合うのも兼ねて一度集まったのですが
(私は参加できなかったので詳細はわかりませんが)なんでも、脚本に進展があったとか。

監督にいいアイディアが浮かんだそうで、只今好調執筆中!


私に出来る事はもう応援することしかできませんが、素敵な脚本ができることを信じています。

そして、他のメンバーたちも脚本の完成を楽しみに待ちつつ、多方面でも活躍中なので、今日は少し紹介致します!

ゲッテンでもアニメーション、音楽担当の岩井澤健治さん。
ゲッテンHP内にある3つの映像の一番左のが彼のアニメーションです)
普段はアニメーション制作などの活動をしている岩井澤さんが、6月に紙芝居イベントを開催します!
かねてから好評な紙芝居イベントで、今回は新作紙芝居を自作自演するそうです。
詳細はこちら↓(岩井澤さんのHPより勝手に引用)

『無差別級紙芝居の宴』
【公演日】 2011年6月18日(土)
【時間】 OPEN18:00/START19:00
【会場】 Asagaya / Loft A
【料金】 前売¥1,500/当日¥1,800(共に飲食代別)


興味のある方は是非!大爆笑間違いなしだそうです。
私たちゲッテンメンバーも観に行く予定です!



こんな時だからこそたくさん笑いましょ!
[PR]

# by getten_eiga | 2011-05-24 01:03

ゲッテンの現在

こんにちは!
ネモトでっす!


先日お伝えした通り
塙監督の『死にゆく妻との旅路』がとても好評で
現在 上映館が全国で19館に拡大しました!!

喜ばしい事に今後も増えていきそうなので、随時報告していきたいと思います!

【死にゆく妻との旅路 公式サイト↓】
http://www.tabiji-movie.jp/

ゲッテン映画計画も
少しずつではありますが動いています。

一個前の記事に掲載されていますが ゲッテンチラシが
完成いたしました!

このチラシは
下記の『死にゆく〜』の上映館などに置いてありますので
是非手に取って見て下さい!

・東京 ヒューマントラストシネマ有楽町
・神奈川 横浜ブルク13
・愛知 伏見ミリオン座
・大阪 梅田ブルク7
ほか



そして、脚本の件ですが
暮れに一度大筋ができたのですが
メンバーの意向で変更する事になったので、
現在 鴨川さんが再度書いている状態でございます!

楽しみにしていて下さい!
[PR]

# by getten_eiga | 2011-03-11 00:46 | なんやかんや

チラシ配布と現状

お久しぶりです。立澤です。

d0175208_16172937.jpg

「死にゆく妻との旅路」私も初日に観てきました。
1回目も号泣だったのに、2回目の方がもっと号泣してました。
より夫婦の愛を感じとれたからだと思います。
一緒に旅をするうちに深まっていく夫婦の愛情と、それにともなって悪くなっていく妻の病状を見ていると自然に涙がこぼれました。

悲しいだけでは決してない、とても、とてもいい映画です。みなさん是非観てください。


そして、観てくださったから、このサイトを見てくれてることと思います!
ありがとうございます。

そう!今回監督の映画公開に合わせて、この「映画プロジェクト」のチラシを作って配布しています。
本当に公開初日の朝届いたばかりのチラシを、観終わって映画館を出るお客さんに直接配ってきました。

思ったより皆さんもらってくれたので嬉しかったです。
私が学生のときしたビラ配りでは全然もらってくれなかったのに。
やっぱり映画がよかったからもらってくれたんでしょう。

上の画像がそれです。


チラシを配ってしまったからには、このプロジェクトも動きを見せてどんどんアピールしていかないといけません。
頑張ります!


そこでまずは、今現在のお金の使い道を記載しておきます。

第6回目までの会議の交通費は支給済みなので、そのあとからのこと。

第7回〜第10回目までの映画会議の交通費  17,740円
シェアハウス取材時の交通費         4,040円
秋葉原オタク取材時の交通費         10,046円
チラシ制作費(送料込)            12,020円
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
合計                    43,846円
残高                    50,414円


このようになっております。
まだまだ映画をつくれる程のお金はないですが、着実に一歩ずつ進んでいます。
このチラシ配布も小さくても私たちにとっては大きな一歩!

一人3000円のドネーション(寄付)を1万人の人がしてくれれば、かならずや監督が面白い映画を作ります!
このプロジェクトに賛同してくださる方がたくさん現れますように。

私たちも頑張ります。
よろしくお願いします。
[PR]

# by getten_eiga | 2011-03-03 16:50 | なんやかんや

死にゆく妻との旅路

おひさしぶりです!

ゲッテンは健在しておりますので
引き続き応援よろしくおねがいします!!

d0175208_23463150.jpg

先週の土曜日から
ゲッテン映画計画で監督を務める塙監督の
『死にゆく妻との旅路』が有楽町で公開始まりました!

初日にさっそく見てきましたが
非常に嬉しい事に満席!


徐々に上映している映画館も増えているようですので
是非見て下さい。

とてもいい映画です。

本当の愛について考えるきっかけになると思います。
[PR]

# by getten_eiga | 2011-03-01 23:46 | なんやかんや

試写会

2連続投稿、失礼します!根本です!

12/21 渋谷

塙監督の来年公開作『死に行く妻との旅路』の試写会に
メンバー一同で行って参りました!

...久しぶりに号泣しました。

ネタバレになってしまうと怖いので、
ザックリ書こうと思います!

年の離れた夫婦を演じている
石田ゆり子さん、三浦友和さん共に演技素晴しかったです。
三浦友和さん演じるオッサン(夫の愛称)の気さくな感じといい
石田ゆり子さん演じる妻ひとみの可愛らしいキャラクターといい素敵でした。

原作は夫、清水久典さんが自ら書いた実話です。
妻の死を案ずるタイトル通り、
結末が分かった上で二人のやりとりを見ているのはとてもつらかったです。

病を持った妻と共に旅をする事
正しいとか正しくないとか
そういう次元の話ではなくって

本当に愛する人のためにどうすべきか。
考えさせられる映画でした。


そして私は何故かエンドロールの最後
「監督 塙幸成」の文字を見て更に泣きました...!!!

いい映画です。
この記事を読んだ方!
是非劇場で見てほしいです。


すみません、私の感想って凄く浅いので
誰か書いて下さい!!
[PR]

# by getten_eiga | 2010-12-23 03:32 | なんやかんや