カテゴリ:なんやかんや( 14 )

岩井澤監督 短編映画撮影2日目

こんばんは。
根本です!

先日に続き、今日もげってんメンバーの岩井澤健治による短編映画の
撮影でした!

今日はメンバーから、根本、迫田、依田が助っ人でお手伝いしてきました。

短編とはいえ、かなり本格的で、
俳優陣も、スタッフも高いモチベーションのもと撮影が進みました。

時間が限られていたため、本日も朝から晩まで急ピッチの進行。
それでも、ワンカットワンカットに岩井澤監督のこだわりの演出があって、
それを即座に飲み込んでいくキャストの方やカメラマン。

カメラアングルや、役者の位置、光の加減、入念な打ち合わせが発生するので
10秒のシーンでも早くて10分くらいはかかります。
d0175208_2385293.jpg

「本番、スタート」から「カット」の合図まで音を立てずにじっとしているのが
ハラハラしつつ面白かったです。


今回の作品はファンタジー、コメディと言う事で、
小道具も面白いものがたくさんありました。

私は隠れてあそんでました!笑
d0175208_2382643.jpg

この腕は登場しませんが、見っけたので

私も家から持って行ったものがあるので、
チラッとでも写ってるといいです!笑


岩井澤さんの作品は凄く人間的で、
ふざけた中に愛らしいキャラクターが多いので、
いつもほっこりする作品です。

これからすぐに編集作業に入ると言う事なので、
完成が楽しみです!!

それでは!
[PR]

by getten_eiga | 2012-05-27 23:09 | なんやかんや

みんなでつくる

皆さん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ「げってん」をよろしくお願い致します!


近頃、雪なんかも降ったりして寒さにふるえる毎日を過ごしてる立澤です。
それでも暖房なしの生活で頑張っております。
雪の降った日なんかは、それを知ってる親や友達から暖房つけなさい、と連絡があるほど。
大丈夫です。自分の限界を見極めていざとなったら付けるつもりです。
自分で勝手に作った厳しい環境で出来るだけ頑張ります。

それにしても、NY、いいですね〜。
違う世界を見て、目から鱗落としたいです。


さて、少し前の話になりますが、1月6日にげってんの新年会がありました。

ただみんなで新年の挨拶を交わし合い、お酒飲みながら鍋を囲んだだけですが、それこそが新年会です。メンバーが集まれば自然、映画制作今年も頑張ろうという気持ちになります。



そして、今年の新年会にはビッグゲストが来ました。
塙監督と、脚本の鴨川さんが他の監督仲間を連れてきてくれたのです!
監督一人でもすごいのに、そんな監督たちがぞろぞろと来たので圧倒されました。

監督達による映画の話は、とても為になるというか、当たり前ですが見てる側じゃ分からない制作裏の話が聞けて面白かったです。

映画制作は一人では出来ないんだということ。
色んな人の決断とか強い意志が詰まっているんだと、本当に作り上げてる人達の言葉で実感できました。

映画の公開発表とか宣伝で監督さんや、役者さんたちが、この映画が出来たのは本当にスタッフの方達のおかげだと涙ながらに言ったりしてるのをよく聞きますが、本当にそうなんだと、本当に大変なのは助監督や制作スタッフなんだということが話を聞いてわかりました。

監督の、絶対に譲れないシーンを撮りたいという強い思いと、それを実現させるスタッフの力が合わさって初めてそのシーンが撮れるんだと。


貴重なお話聞けてよかったです。



また、先日は渋谷ユーロスペースにて柳町光男監督の「火祭り」の上映と本人による解説イベントを観に行ってきました。
というのも、柳町監督と所縁のある人がげってんスタッフにいるのです。

私は初めて観たのですが、とても衝撃的な映画で面白かったです。
大自然の映像もそうですが、カメラワークがとても印象的で素敵でした。
観た後の解説でなるほどと、思うところもありましたがそれでも自然と、なんとなくでも理解できてたと思います。
主演の北大路欣也さんがこれぞ男というほどに男らしくて格好良かったです。

解説の時、柳町監督とカメラマンの田村さんも映画制作で大変なのは助監督とスタッフだと、自分たちは言うだけだから簡単だと、仰っていました。


その後の飲み会というか、監督を囲う会にも参加させて頂いたんですが、監督の明け透けで豪快な人柄に押されっぱなしでした。
その正直な物言いがとても気持ちよく面白かったです。

映画になりそうな事件を話してる時の監督は楽しそうだったし、俺なら面白く撮れると言いきる監督がとても格好良かったです。



映画制作は、監督の想いだけでも、スタッフの力だけでも駄目で、みんなの力が合わさってやっと出来るんだと、一つ実感して学んだ1月でした。

今頃これじゃダメでしょうか。それでも責任ある監督の決断とか、色んな計算を裏でぐるぐるしながらも監督の指示に肯というスタッフの思いが聞けたのは勉強になりました。
[PR]

by getten_eiga | 2012-01-27 12:41 | なんやかんや

New York

こんにちは!根本です!
2011の年末にニューヨークへ行って来ました!
以下、自分のブログから転載したので、言葉遣いが変ですみません!笑

ニューヨークは最高にクールな街だった!

老若男女みんな紳士的で、
自然に出てくる優しさが凄く心地よかった

ちょうどクリスマスで、
想像ではイルミネーションすごくて、
超クリスマス気分、かと思いきや
日本の方がその辺は装飾的だった

だけど、本当の意味のクリスマスを過ごせたのは感動的だったな
チャーチに行って、お祈りしたり
歌を歌ったり
みんな神様に感謝してた

それがMerry Christmasなんだなって思った。

キリスト教ではないし、かなりアウェイな空間だったけど、
チャーチは誰でも受け入れてくれる
本当の優しい気持ちが凄く伝わった

観光地のことは、またおいおい書くとして、
今は気持ちだけ書きます!


年末でやってないお店も多かったけど、
その分"街の空気"をたくさん味わった

とにかくニューヨークはたくさんの人種がいるし、貧富の差も大きい
だけど、それが逆に誰でも受け入れるっていう精神になってるのかも

地図を見てると
向こうから教えてくれる

エクスキューズミー
には快く応えてくれる

サンキューには
ユアウェルカム

ソーリーには
イッツオーケー

hi
good bye
happy new year

その簡単なやりとりが絶対あって、
気持ちいい

あたしも、ソーリー、サンキューは
反射的に出るようになった!
周りがそうだと自然とそうなる!

ノリがイイとかじゃなくて、
本当に当たり前の事がそこにあるんだと思った

とにかく、ニューヨーカーに感動した


チェルシーのアート街も
ギャラリーがいたるところにあって、
しかも作品がめちゃカッコいい

震えた!

怖気ずいて、そのすぐ後に
パワーが出て来る感じ!

これがアートか、って!

走りたくなる、
叫びたくなる
気持ち!

その瞬間の興奮は忘れたくないです。
[PR]

by getten_eiga | 2012-01-20 15:00 | なんやかんや

ご無沙汰してます

こんにちは。
あれ?もうやめたのかと思った。という方たくさんいると思いますが、
げってん映画健在です!

根本です。

今脚本を練り直しているという事で、
もうしばらくお待ち下さい。

監督の熱は燃え続けているので、お楽しみに!


更新しなさすぎるのもどうかと思うので、
私が最近見た映画の紹介です!笑


『イップマン』
カンフー映画です。
あのブルースリーの師匠にあたるイップマンと言う実在の人物が主役の映画です。
清らかで謙虚な中国武術 詠春拳
本当に美しいです。
争わないために闘え という言葉が印象的。
物静かにして、強い。とにかく強い。
オススメです


『トークトゥーハー』
スペイン映画で
オールアバウトマイマザーの監督作品。

これもまた美しいです。
昏睡状態の女性と彼女を愛する男性、2組の姿を描く異色ラヴ・ストーリー。

病院勤務で彼女を世話する青年の屈折した愛情が切ない。



『隠された記憶』
ミヒャエルハネケの作品。
以前見た、同監督の71フラグメンツという映画がスゴく好きで見ました。
説明が難しいので以下 goo映画より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【あらすじ】
テレビ局の人気キャスター・ジョルジュは、編集者の妻アンと一人息子ピエロの三人で平穏に暮らしていた。そんなある日、一本のビデオテープと不気味な絵が何者かによって送りつけられる。テープには、ジョルジュの家の前の風景が延々と撮影されていた。それから次々と届くテープには、徐々にプライベートな風景が映し出されるようになり、一家は身の危険を感じ始める。そんな中、ジョルジュは子供時代の“ある出来事”を思い出していく…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

客観的な視点で撮影されていて
緊張感がすごい。

71フラグメンツも
71個の断片的な映像から成り立ってます。

ある意味リアルで、その冷静な目線が怖いです。
こちらもオススメ。



本当は監督のオススメ映画とかを聞きたいと思うんですが、
今回はネモトセレクトで!
[PR]

by getten_eiga | 2011-11-05 14:27 | なんやかんや

プロット完成!

こんにちは。立澤です。

まだ6月だというのに、真夏のような暑さが続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。


世の中節電だ、節電だ、と唱われていますが、第一は皆さんの体調、健康が大事なので、熱中症になる前にエアコンつけたり暑さ対策して下さいね。

私は、節電というより、自分の節約のためにエアコン、扇風機断ちをしておりますが、手動のうちわもありますし、夜は保冷剤をタオルで包んで首に巻いたりして暑さ対策をしております。
あとは、熱中症になんかならないという気力でなんとか乗り切ります。



さて、前回の記事でも書いた通り、脚本のプロットが出来上がり、監督からすぐにメールでメンバーに届けられました。
監督、お疲れ様でした!


私も早速読ませて頂きましたが、とてもワクワクさせられる面白さでした。

その後、読んだメンバーからも感想が届いたので、ここで少しご紹介します。
みんなのワクワク感を感じて、また楽しみにしていてほしいです。

まずは私。

『同じ落書きというモチーフでもこんなにも違うストーリーが出来るんですね!
すごく面白かったです。
ユキオさんが必死に走って逃げてる映像が浮かびました。

捕まったらえらいこっちゃ!

動き出すのがこれから楽しみです。』

話が変わっても、【落書き】というモチーフは使われるみたいですね!

続いて根本さん。

『待ってました!
監督おつかれさまです

まさにゲッテン。
「おもしろい事しようぜ!」って気持ちいつになってもありますよね
そういう感じ大好きです!

スリルによって満たされる事っておっきいし、歳を重ねるとそういう事からどんどん遠ざかっていって感情の波も小さくなってそんなの寂しいなって思います!

でもゲッテンのメンバーは楽しい事を忘れてないから
なんかそのメンバーが作ったら絶対かっこいい映画だろうなって思いました。

ストーリー読んで 超わくわくしました!』

興奮冷めやらぬ、といった感じですね。

続けて、迫田さん、仲谷さん、荘司さんの感想です。

『監督、お疲れ様です。
なんと ユキオ君が主役なんですね。
すごいです、力入りますね。

テーマもはっきりしてるし、自分たちに近い話なので気合い入れて取り組めると思います。』


『面白そうですね!いいなあ、このテーマ。』


『娘が戻ったのに、よりが戻ったのに、やるべき事がわかったのに、、、。
最後の落書きに向かっていく感じが、なんかすごく、かっこいい。
バカは、死んでも、なおらない。
って、悪いことじゃなくて、かっこいいことだった!(&キュート)。
楽しみです。』


テーマがいいんですよね。
きっと笑って、頑張ろうって思えて、生きる励みになるお話。


しばらく集まっていなかったゲッテンも、7月初旬には集まる予定なので、またそこで新たな動きがあると思います。
そのうち、新しい脚本のあらすじも載せられると思いますので、乞うご期待!




話変わって、もう一つ。
前回宣伝した岩井澤さんが参加していた紙芝居イベントに、ゲッテンメンバー数人で行ってきました。

時間ギリギリに行った私たちはなんと最前列で見ることになり、大迫力の紙芝居を楽しめました。

紙芝居と思って侮るなかれ。紙芝居ならではのアドリブやアクシデントが面白かったです。
紙芝居って一人で何役もやらなきゃいけないし、声もそうだけど間や音も大事なんだなと思いました。
多種多様な紙芝居を見て、その奥深さを知りました。

岩井澤さんの紙芝居は絵が綺麗だったのと、話にジーンとしました。
芝居も面白かったです。



では、長くなってしまいましたが、今回の報告は以上です。
[PR]

by getten_eiga | 2011-06-25 16:39 | なんやかんや

ゲッテンの現在

こんにちは!
ネモトでっす!


先日お伝えした通り
塙監督の『死にゆく妻との旅路』がとても好評で
現在 上映館が全国で19館に拡大しました!!

喜ばしい事に今後も増えていきそうなので、随時報告していきたいと思います!

【死にゆく妻との旅路 公式サイト↓】
http://www.tabiji-movie.jp/

ゲッテン映画計画も
少しずつではありますが動いています。

一個前の記事に掲載されていますが ゲッテンチラシが
完成いたしました!

このチラシは
下記の『死にゆく〜』の上映館などに置いてありますので
是非手に取って見て下さい!

・東京 ヒューマントラストシネマ有楽町
・神奈川 横浜ブルク13
・愛知 伏見ミリオン座
・大阪 梅田ブルク7
ほか



そして、脚本の件ですが
暮れに一度大筋ができたのですが
メンバーの意向で変更する事になったので、
現在 鴨川さんが再度書いている状態でございます!

楽しみにしていて下さい!
[PR]

by getten_eiga | 2011-03-11 00:46 | なんやかんや

チラシ配布と現状

お久しぶりです。立澤です。

d0175208_16172937.jpg

「死にゆく妻との旅路」私も初日に観てきました。
1回目も号泣だったのに、2回目の方がもっと号泣してました。
より夫婦の愛を感じとれたからだと思います。
一緒に旅をするうちに深まっていく夫婦の愛情と、それにともなって悪くなっていく妻の病状を見ていると自然に涙がこぼれました。

悲しいだけでは決してない、とても、とてもいい映画です。みなさん是非観てください。


そして、観てくださったから、このサイトを見てくれてることと思います!
ありがとうございます。

そう!今回監督の映画公開に合わせて、この「映画プロジェクト」のチラシを作って配布しています。
本当に公開初日の朝届いたばかりのチラシを、観終わって映画館を出るお客さんに直接配ってきました。

思ったより皆さんもらってくれたので嬉しかったです。
私が学生のときしたビラ配りでは全然もらってくれなかったのに。
やっぱり映画がよかったからもらってくれたんでしょう。

上の画像がそれです。


チラシを配ってしまったからには、このプロジェクトも動きを見せてどんどんアピールしていかないといけません。
頑張ります!


そこでまずは、今現在のお金の使い道を記載しておきます。

第6回目までの会議の交通費は支給済みなので、そのあとからのこと。

第7回〜第10回目までの映画会議の交通費  17,740円
シェアハウス取材時の交通費         4,040円
秋葉原オタク取材時の交通費         10,046円
チラシ制作費(送料込)            12,020円
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
合計                    43,846円
残高                    50,414円


このようになっております。
まだまだ映画をつくれる程のお金はないですが、着実に一歩ずつ進んでいます。
このチラシ配布も小さくても私たちにとっては大きな一歩!

一人3000円のドネーション(寄付)を1万人の人がしてくれれば、かならずや監督が面白い映画を作ります!
このプロジェクトに賛同してくださる方がたくさん現れますように。

私たちも頑張ります。
よろしくお願いします。
[PR]

by getten_eiga | 2011-03-03 16:50 | なんやかんや

死にゆく妻との旅路

おひさしぶりです!

ゲッテンは健在しておりますので
引き続き応援よろしくおねがいします!!

d0175208_23463150.jpg

先週の土曜日から
ゲッテン映画計画で監督を務める塙監督の
『死にゆく妻との旅路』が有楽町で公開始まりました!

初日にさっそく見てきましたが
非常に嬉しい事に満席!


徐々に上映している映画館も増えているようですので
是非見て下さい。

とてもいい映画です。

本当の愛について考えるきっかけになると思います。
[PR]

by getten_eiga | 2011-03-01 23:46 | なんやかんや

試写会

2連続投稿、失礼します!根本です!

12/21 渋谷

塙監督の来年公開作『死に行く妻との旅路』の試写会に
メンバー一同で行って参りました!

...久しぶりに号泣しました。

ネタバレになってしまうと怖いので、
ザックリ書こうと思います!

年の離れた夫婦を演じている
石田ゆり子さん、三浦友和さん共に演技素晴しかったです。
三浦友和さん演じるオッサン(夫の愛称)の気さくな感じといい
石田ゆり子さん演じる妻ひとみの可愛らしいキャラクターといい素敵でした。

原作は夫、清水久典さんが自ら書いた実話です。
妻の死を案ずるタイトル通り、
結末が分かった上で二人のやりとりを見ているのはとてもつらかったです。

病を持った妻と共に旅をする事
正しいとか正しくないとか
そういう次元の話ではなくって

本当に愛する人のためにどうすべきか。
考えさせられる映画でした。


そして私は何故かエンドロールの最後
「監督 塙幸成」の文字を見て更に泣きました...!!!

いい映画です。
この記事を読んだ方!
是非劇場で見てほしいです。


すみません、私の感想って凄く浅いので
誰か書いて下さい!!
[PR]

by getten_eiga | 2010-12-23 03:32 | なんやかんや

交通費支給

お久しぶりです。

いよいよ脚本家も決まり、撮影会なんてこともしちゃったりして、なんだか急発進な感じでワクワクしている私、立澤です。

プロの方に撮影してもらうなんて初めてのことで、撮られてる間ほぼ直立不動で不審なにやけ顔をさらしていましたが、シルエットならわかりませんね。
ちなみに私は、真ん中の列の右端です。
他のメンバーは、立ってるだけでも身に秘めた貫禄とかオーラが出ていて、それに立ち方にもそれぞれ個性が出てて面白かったです。


さて、先日の集まりでは、地味に経理の仕事として、第3回〜6回目までの集まりの交通費を皆さんにお渡ししました。
そして、現在の残金は67,300円となりました。
今後どこまでここに掲載していくかは追ってまた会議で決まっていくと思いますが、今はまだ交通費での出費が主なものだと思うので、大きな動きはないものと思われます。


映画製作にはどのくらいお金がかかって、どんなことに使われるかなんてまだ全然わかりませんが、財布の紐は固いとは言え、使う所ではドンと使うんだろうなと思うと、ドキドキです。


駒沢公園で見つけたラクガキ
d0175208_1141587.jpg
[PR]

by getten_eiga | 2010-10-21 11:45 | なんやかんや