日本一で、日本代表!!

d0175208_1440695.jpg


大変ご無沙汰しています。
春近しとはいえ、まだまだ寒さ厳しい今日この頃、お久しぶりで申し訳ないですが、嬉しい報告引っさげての更新です。立澤です。

げってん映画の進行報告ではないのでそちらを期待させてしまったら申し訳ないのですが、絶対にガッカリさせない驚きの、喜びの、すごい報告です!

d0175208_14414146.jpg

なんと、この度、げってん映画制作メンバーの一人である、根本尚美さんが日本一となりました。

何で日本一を取ったかというと、

イギリスの映画雑誌EMPIRE主催の映画の国際コンペディション(有名な映画を一つ選んで1分間にリメイクするというコンペ)で日本のファイナリスト4人に我らが根本さんの作品がノミネートされたのですが、さらにその中からイギリスで行われる本戦にコマを進められるのは一人だけで、先日その代表1人を決めるJAPAN FINALがありました。

げってんメンバーの数人でも応援に駆けつけたのですが、、、、
レッドカーペットの引かれた会場には、ロンドンから来た方達もたくさん来ていて、JAPAN FINALの名に相応しい雰囲気で一段とドキドキ感が上がりました。

そんな中、ファイナリスト4名の作品を上映して、いよいよ発表の時。
ドラムロールが鳴り響き、興奮度MAXのその時に、その名は呼ばれたのでした!

そう、根本尚美さんが、日本一となり、日本代表者としてロンドンの本戦への切符を手に入れたのです!

本当に本当におめでとう!
本人もその瞬間は感極まって涙していましたが、私も嬉しすぎて震えて腰が砕けました。
優勝者は、来月下旬に行われるロンドンでの本戦に招待されるので根本さんはもちろんですが、げってんメンバーから私と迫田さんとでロンドンまで応援に行って来ようと思っています。

そこでも、再びの興奮と感動を味わってきたいと思います!


日本一になったこと、本当に凄いことで嬉しいことです。
でも、それ以上に、根本さんの作品がそれに相応しく、本当にすばらしい出来で、かっこいい映像だったことを報告したいです!
因みに、リメイクした作品はタランティーノ監督映画「レザボア・ドッグス」です。
1分間の使い方が秀逸で、かっこいい演出でした。
d0175208_14411539.jpg



げってん映画製作にとっても刺激になる出来事でした!
風が吹いてますね♪
[PR]

# by getten_eiga | 2013-02-24 14:47

秋の朗報目出たく二つ!!

またしても間が空いてしまいました!すみません。

気づけばあっという間に9月となり暦の上では秋となりました。
とは言え、日中はまだまだ残暑厳しく、秋らしさなんて感じられませんが、朝晩と多少冷え込んできているので、夏の疲れが出てる今体調崩しやすくなってるそうなのでお気をつけ下さい。

間の空いていたこの夏も去年に負けず劣らず暑かったですが、なんとか生き延びた立澤です。
皆さまも体調等崩さずに楽しい夏をお過ごしできたでしょうか?



毎度、お久しぶりとなってしまっていつも気にかけて下さってる方々には申し訳ないのですが、今日はとても嬉しいニュースが二つもあります!!


まず一つ!

ついに、脚本が完成しました!!わーーーーー!!パチパチパチパチパチ!
脚本家の鴨川さん、塙監督、お忙しい中お疲れ様でした!

一度出来上がった脚本を白紙に戻し、また一から作り直し練り直していった脚本が、とうとう完成したというニュースは仲間内ですぐに知らされ、早速読ませて頂きました。


とても面白かったです!
脚本というものの形式上、会話が続き、その間に情景や撮影の説明などが入ってるので読みにくかったりもするんですが、逆にそれが助けとなり頭の中に映像が浮かんでくるような臨場感たっぷりに読めました。

ダメダメなのにどこか憎めず放っとけない、共感できるようなそうでないような愛すべきキャラクターたちが沢山出てきてドタバタと文字通り走り回ってる、人間味溢れる躍動感のあるお話でした。

早く映像で見てみたいと思いました。

次の集まりでは、出来上がった脚本を元に皆で話したいと思っています。

そろりと持ち上げ続けていた足をやっと地につけることが出来て、一歩進められたかな、という感じですね。



そしてもう一つ!

前回、前々回のブログにレポートした岩井澤監督の短編映画のその後についての朗報です。

メンバーの何人かもほんの少し、本当に僅かにだけお手伝いさせてもらった、下の記事にもその撮影の様子が載っている岩井澤監督の初実写映画「こたつ魔人」がこの度、第五回したまちコメディ大賞2012に入賞致しました!!

わーーー!スゴイ!メデタイ!スバラシイ!
おめでとうございます!

そして、その入賞作品の中からグランプリが選ばれるのですが、それが9/16に浅草中映劇場で行われるそうです。
詳細はこちらから是非チェックしてみて下さい♪
もう明後日の話ですがよろしくお願いします。
d0175208_18371910.png




メンバーの活躍を喜び、羨望の眼差しを向けつつそれを励みにしている私も、7〜8月と展示に明け暮れ、今月末からはまたフレンチレストランにて展示が始まるため、日々制作に勤しんでおります。

行動しないと結果は出ないですからね。何かしないと失敗も成功も出来ません。
ガンバリマス!



何はともあれ、目出度い初秋の報告となりました。
[PR]

# by getten_eiga | 2012-09-14 18:52

岩井澤監督 短編映画撮影2日目

こんばんは。
根本です!

先日に続き、今日もげってんメンバーの岩井澤健治による短編映画の
撮影でした!

今日はメンバーから、根本、迫田、依田が助っ人でお手伝いしてきました。

短編とはいえ、かなり本格的で、
俳優陣も、スタッフも高いモチベーションのもと撮影が進みました。

時間が限られていたため、本日も朝から晩まで急ピッチの進行。
それでも、ワンカットワンカットに岩井澤監督のこだわりの演出があって、
それを即座に飲み込んでいくキャストの方やカメラマン。

カメラアングルや、役者の位置、光の加減、入念な打ち合わせが発生するので
10秒のシーンでも早くて10分くらいはかかります。
d0175208_2385293.jpg

「本番、スタート」から「カット」の合図まで音を立てずにじっとしているのが
ハラハラしつつ面白かったです。


今回の作品はファンタジー、コメディと言う事で、
小道具も面白いものがたくさんありました。

私は隠れてあそんでました!笑
d0175208_2382643.jpg

この腕は登場しませんが、見っけたので

私も家から持って行ったものがあるので、
チラッとでも写ってるといいです!笑


岩井澤さんの作品は凄く人間的で、
ふざけた中に愛らしいキャラクターが多いので、
いつもほっこりする作品です。

これからすぐに編集作業に入ると言う事なので、
完成が楽しみです!!

それでは!
[PR]

# by getten_eiga | 2012-05-27 23:09 | なんやかんや

撮影現場見学初体験!

d0175208_330942.jpg



皆さん、、、本当にご無沙汰していました。
最終更新日から既に4ヶ月が経とうとしています。お久しぶりです、立澤です。


げってん映画の進行は停滞気味ではありますが、代わりにその分この4ヶ月メンバー個々の活動が目まぐるしく、それぞれの分野で活躍していました。


一応絵描きとして活動している私めは2月に銀座での個展開催を皮切りに毎月何かしら展示をしていました。先月は京都と名古屋でも展示して、現在は新宿荒木町のスナックで絵の展示をしています。
他にも、もう一人の女性メンバーも絵の展示をしたり、このげってんのHP制作担当でありドラマーのライブがあったり、映像作家の岩井澤さんは映画館で短編アニメーションを上映したり、、、


そう、また前置きが長くなりましたが、今回はげってん映画の撮影ではなく、その岩井澤さんが撮る映画の撮影会が今月22日にあるということで、げってんメンバーから2人、見学に行ってきました!
げってん映画のプロデューサーでもある大工さんの迫田さんと一応美術スタッフという名目で。

私は本当にただの見学者でしたが、初めてみる本格的な撮影現場に始終興奮しっぱなしでした!
撮影の裏側はとても面白く、作る人たち全ての真剣な表情を見ていてとても刺激になりました。
役者さんはもちろん、監督、カメラマン、音声さん等、それぞれの役割を真面目に真剣にやってるからこその緊張感漂う撮影現場に、私は邪魔だけはしないように真面目に喉やお腹がならないように気をつけながら大人しく見ていました。
何もしなかったことの言い訳では決してありません。。。


今回、私がしたことは、コタツがメイン舞台のストーリーの重要な部分となる舞台装置をその場で作り上げていく横で、作ったものに乗って強度を確かめたり、そうして出た木屑を掃除機で掃除したことくらいですが、こうしてちゃんと立派な装置が出来ました。
d0175208_3203339.jpg

ヒモを引っぱるとくるくる回ります。これに大人2人を乗せて。
d0175208_3212141.jpg

撮影してる部屋の隣で作ってる様子。


監督の「よーい、スタート!」や「カット!!」の響く声や撮る度に鳴らすカチンコの音や、ピクリとも動かず音を拾う音声さんや、テイク毎にセリフや演技を変えて演じる役者さんの姿がとても格好良かったです!
役者さんはやっぱり声も話し方ももちろん動きも違いますね。当たり前ですが初めて間近で見て、おおぉ!と興奮しました。

驚いたのは、10秒くらいのシーンをその何十倍も時間をかけて少しずつ撮影していくこと。
カメラを動かしてまた違う角度からそのシーンを撮ったり、細かく書き出されたコンテ通りに細かく丁寧に撮影していました。その手順もちゃんと皆が把握しているから皆さん無駄なく動いていてさすがだなと思いました。


こうやって映画やドラマの撮影はされていくんだな、と何も知らない私には新鮮な光景ばかりで、今回はとてもいい経験ができました。

げってん映画の撮影が始まったら私も、今日見て学んだことを活かせるように、気配りの出来るスタッフになりたいです。
相手を慮って行動するって言う程に容易くないですよね。。
頑張ります。



最後に。この日感動したことの一つは、これ。
d0175208_3272716.jpg

憧れのロケ弁。そしてスタッフの人に配られるお茶。
寧ろ私が配って回る気遣いが出来ず反省です。


では、次回はなるべく早めな更新を心がけます!
[PR]

# by getten_eiga | 2012-05-23 03:59 | 取材

みんなでつくる

皆さん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ「げってん」をよろしくお願い致します!


近頃、雪なんかも降ったりして寒さにふるえる毎日を過ごしてる立澤です。
それでも暖房なしの生活で頑張っております。
雪の降った日なんかは、それを知ってる親や友達から暖房つけなさい、と連絡があるほど。
大丈夫です。自分の限界を見極めていざとなったら付けるつもりです。
自分で勝手に作った厳しい環境で出来るだけ頑張ります。

それにしても、NY、いいですね〜。
違う世界を見て、目から鱗落としたいです。


さて、少し前の話になりますが、1月6日にげってんの新年会がありました。

ただみんなで新年の挨拶を交わし合い、お酒飲みながら鍋を囲んだだけですが、それこそが新年会です。メンバーが集まれば自然、映画制作今年も頑張ろうという気持ちになります。



そして、今年の新年会にはビッグゲストが来ました。
塙監督と、脚本の鴨川さんが他の監督仲間を連れてきてくれたのです!
監督一人でもすごいのに、そんな監督たちがぞろぞろと来たので圧倒されました。

監督達による映画の話は、とても為になるというか、当たり前ですが見てる側じゃ分からない制作裏の話が聞けて面白かったです。

映画制作は一人では出来ないんだということ。
色んな人の決断とか強い意志が詰まっているんだと、本当に作り上げてる人達の言葉で実感できました。

映画の公開発表とか宣伝で監督さんや、役者さんたちが、この映画が出来たのは本当にスタッフの方達のおかげだと涙ながらに言ったりしてるのをよく聞きますが、本当にそうなんだと、本当に大変なのは助監督や制作スタッフなんだということが話を聞いてわかりました。

監督の、絶対に譲れないシーンを撮りたいという強い思いと、それを実現させるスタッフの力が合わさって初めてそのシーンが撮れるんだと。


貴重なお話聞けてよかったです。



また、先日は渋谷ユーロスペースにて柳町光男監督の「火祭り」の上映と本人による解説イベントを観に行ってきました。
というのも、柳町監督と所縁のある人がげってんスタッフにいるのです。

私は初めて観たのですが、とても衝撃的な映画で面白かったです。
大自然の映像もそうですが、カメラワークがとても印象的で素敵でした。
観た後の解説でなるほどと、思うところもありましたがそれでも自然と、なんとなくでも理解できてたと思います。
主演の北大路欣也さんがこれぞ男というほどに男らしくて格好良かったです。

解説の時、柳町監督とカメラマンの田村さんも映画制作で大変なのは助監督とスタッフだと、自分たちは言うだけだから簡単だと、仰っていました。


その後の飲み会というか、監督を囲う会にも参加させて頂いたんですが、監督の明け透けで豪快な人柄に押されっぱなしでした。
その正直な物言いがとても気持ちよく面白かったです。

映画になりそうな事件を話してる時の監督は楽しそうだったし、俺なら面白く撮れると言いきる監督がとても格好良かったです。



映画制作は、監督の想いだけでも、スタッフの力だけでも駄目で、みんなの力が合わさってやっと出来るんだと、一つ実感して学んだ1月でした。

今頃これじゃダメでしょうか。それでも責任ある監督の決断とか、色んな計算を裏でぐるぐるしながらも監督の指示に肯というスタッフの思いが聞けたのは勉強になりました。
[PR]

# by getten_eiga | 2012-01-27 12:41 | なんやかんや